2011年09月12日

第17回展の審査会終了

昨日、第17回長野県現代書藝展の審査が、
例年通り書道美術評論家の田宮文平先生をお迎えして、
無事終了しました。

結果は今週中にサイトへアップしようと企んでいますが、
審査会で、はしゃぎすぎて体調不良なので、
できるだけ早目という事にしときます(苦笑)

今回はウェブ担当としては初めての審査会で、
なにやら、落ち着かず、
無駄な動きが多かったような気がしてならないので、
反省材料ですネェ…

広報部長とのコミュニケーションも、
ようやくうまく取れるようになり、
ホッと一安心ですけど、
新しい部署は業務内容が安定していないので、
何かと変更があるようで、
臨機応変にレスポンス良く
対応する必要がありそうです。

それにしても、
龍仙の広島も含めて
長野県外から来る先生方へのさまざまな心遣いは、
毎年のことながら、ありがたく感謝しております。

審査結果をアップしながら、
ブログにはその途中経過などを記事にしていきます。

そういえば、
広報部長の話では、
龍仙がインターネット部長(仮称)
に任命される?とのことで、
ますます、頑張らないといけません。

ちなみに、
理事長が展覧会各部の連携や、
資料の保存性などで、
インターネットを活用できないかと、
休憩所での談話がありました。

直接、龍仙に具体的な指示があったわけではないですけど、
いずれは、やっていかないといけないことなので、
業務資料でネットがどこまで貢献できるかを考えて、
提案書でも提出しようかと…

あと、昨日の現地サーベイで、
ネットで各社中の紹介をする際に
「やりたいけど今はちょっと…」
という方々のさまざまな理由を
ある程度把握できたので、
これらも含めて、
ネット活用の提案をしていかないといけなさそうです。

提案より結果アップが先ですね。
今から作業に入りま〜す。
posted by 長野県現代書藝IT部 at 12:09| Comment(0) | 外出先で